行動すべてがカギとなる心理戦!ラブレター二人用おすすめデッキ構成

Game

先日、持ち運びやすいちょうどいいボードゲームを探していたら「ラブレター」というゲームを見つけました

ただ、いざ遊んでみるとすぐ終わっちゃうんですよw

これはいかんということでちょこちょこデッキ構成いじって完成したのがこちら

この構成にすることによって心理戦要素が増してめちゃくちゃ面白くなりますよ!

どんなゲーム?

デッキ構成がメインなので流れをざっと説明すると

・山札16枚から自分の番にカードを引いて行って手札を一枚使って相手の番に
・山札がなくなった時点でより数字の大きいカードを持っていた方の勝ち

といった感じです

これだけみるとただの運ゲーですが、カードの中には特殊勝利のような効果もあるので、実際にプレイしてみると山札がなくなって勝利することの方が珍しいですw

例えば、相手が今持っているカードを当てられたら勝ち等があります

これによって相手の喋り方やカードの持ち方、どんなカードをどの順番で捨てたかといったところから情報を得て心理戦をするという超エキサイティングな考察ゲームです

デッキ構成

兵士×5
道化師×2
騎士×1
僧侶×2
魔術師×5
将軍×2
女侯爵×1
姫×1

合計デッキ枚数は変わらないように16枚

将軍だけ一枚テキストレスカードを入れていてカードに表示されている枚数より多い状態なので気を付けてください

変更理由

大臣→女侯爵

二人でやっていると大臣引いたとたんゲーム終了する状況が多かったので、大臣の効果を若干優しくした女侯爵を採用

7の数字を捨てるわけがない

という前提があるので相手に自分は5、6、8のいずれかを持っているという情報を与えることになります

二人だとこの情報はでかいので心理戦に突入したりして最高に面白い

騎士→将軍

騎士を使うと引き分け以外ゲームが終わってしまうので一枚に減らしました

変更先が将軍の理由は2つあって

  • そもそも将軍があまり強くない
  • 兵士から得られる情報が少なすぎる

という理由です

まず、将軍があまり強くないのは、

キープしようにも7、8に勝てないし、

いざ使おうにも相手が次に兵士を引いた場合負けに直結するからです(自分が持っているカードは相手から貰ったカードだから相手目線確定で勝てる)

将軍を使うタイミングは難しいので、捨て札の兵士の枚数から打ち時を探したりするのが面白い


次に兵士から得られる情報が少なすぎるというのは、

兵士でカード宣言した場合、もし外れても相手が貰える情報が「宣言されたカード」のみになってしまうということです

兵士を打てるタイミングというのは非常に多いので兵士を多く引いたほうが有利という状況は避けたいところ

なんならわざと自分が持っているカードを宣言して持っていないと思考誘導させることもできますしねw


ただ、実は将軍の枚数を増やすことでこの兵士安定すぎる問題は打開できるんです

兵士と将軍を自分が持っている場面を想像してみてください。あなたはどっちを使いますか?

恐らく兵士でしょう

だって将軍を使ったら負けちゃいますもんね

そうすると相手目線、「将軍を持っているかもしれない」という考察が出来るようになります

将軍は処理しにくいカードということも相まって、兵士を使わなきゃいけない状況になったのではないかと

なので、将軍を持っていることがバレないように兵士を使う側は自分が「宣言するカード」にも気をつかわなきゃいけなくなるわけですよ

将軍を増やすことで兵士に心理戦の要素を持たせられるようになったので自分としてはこの変更は大満足です





まだ始めたばかりなのでもっと面白い調整があるのかもしれないので見つかったら追記しようと思います

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました