【五等分の花嫁】花嫁が確定!?もう他の可能性はないの?(ネタバレあり)

注意:以下ネタバレ含みます

まだ読んでない人は戻った?

・・・

もういいよね?

花嫁は…

四葉!!!!!!!!

まじかぁ!四葉かぁ。以前の考察記事で考察してるうちに急に候補に上がってきてはいましたが、正直僕はほぼ二乃だと思ってましたよ

確かに読んでるうちにだんだん四葉可愛く見えてきますもんねぇ。選ぶ気持ちもわからなくもない

風太郎に限っては昔の一緒に遊んでたのが四葉だってのもあるから余計に心にきたんでしょうね(この話ってそういえば風太郎にしてたんだっけ?)

四葉が選ばれた時の「え?私?」みたいな顔…四葉にとっては意外だったんでしょうか
自分以外の誰が選ばれてもいいと思ってたからこそのあの反応。ほんまええ子やなぁ

その裏では、三久が「終わったよ」という報告を二乃にして、それを受けた二乃が耐えるように泣くなんてことが…

うーん、辛すぎる!!

三久も落ち込んでるはずなのに二乃には報告しなきゃ、とか思ってたんですかね。物語序盤ではあまり仲良くなかったこの二人も今では一番気が合う仲になった気がします

流れを振り返ろう

「スクランブルエッグ」

五月の格好をした四葉が風太郎にキスをする。風太郎はキスしてきた相手は誰だかわからないが、この時から四葉を意識し始めます

「学級長の噂」

四葉と風太郎が学級長をしている(四葉が風太郎を推薦した)ことにより、四葉と上杉が付き合ってるのでは?という噂が流れ始める
とうの本人たちは「ありえない」と否定。ですが、風太郎が恋をバカにする気は起きなくなったという気持ちを伝えると四葉は「ついに誰かを好きに…まさか本当に私の事を!?」とからかう一面をここで見せました

「シスターズウォー」

四葉が風太郎に昔あっていたことが判明しますが、四葉自身は自分だけ特別はよくないと考えてるようで、そのことを風太郎に伝えることはしませんでした。
実際はこの時点で、昔の思い出抜きに「今の四葉」に風太郎は惹かれていってるんですけどね…四葉はそのことに気づいていないらしく、誰を好きになっても全力で応援しようと心に決めました

「最後の祭りが四葉の場合」

風太郎と協力して文化祭運営をしていくうちに「もしも、私を選んでくれたら」ということを意識し始めます
その後、竹林(昔の風太郎の友人)から四葉も過去から踏み出してほしい(自分が何も成長できなかったのを知られるのが怖かった)という言葉を受け、「零奈」として風太郎のもとへ謝罪をしに、風太郎は相手を知ってか知らずか「昔の事より大切なのは今だろ」と返します。それを聞いた四葉は決心がついたようで風太郎にキスをして立ち去りました

「最後の祭りが風太郎の場合」

風太郎が好きな人として四葉を選ぶ

もう他の可能性はない?

ほぼない感じ

ただ、一つだけ希望があるとすれば、作者から五等分の花嫁が「あと二巻」で終了すると発表されたのが少し気になるというところです

もう花嫁が確定したとするならあと二巻何をやるんですかね?

残り一巻なら、その後のそれぞれの生活やらで終わるんだろうと想像がつくのですが、二巻となると話は別。何か一筋縄ではいかない、それこそ「大逆転」なるものがないとは言い切れない

まぁそんな優柔不断な行動をすれば風太郎の評価はだだ下がりですからね~

ここで四葉が断るなんてアクションを起こさない限り、花嫁が変わることはないでしょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました